ハタヨガとは

ハタヨガとは

ハタヨガとは、
さまざまなヨガの流派がある中で、
「アーサナ」と「プラーナヤーマ」
を中心としたスタイルのヨガの元祖と言われているものです。
起源については「インドの密教徒達によって始められた」とする説と
「インドのヒンドゥー教聖者ゴーラクシャ・ナータが大成した」
とする説がありますが、定説はないようです。
しかし、ハタヨガが体系的に説かれたのは、
16世紀の行者スヴァートマーラーマ
(英語: Yogi Swatmarama)
が著したヨガ論書『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』
によると言われています。

 

ハタヨガの「ハタ」とは、
サンスクリット語で力や強さを意味する言葉です。
また、「ハ=ha」には太陽(陽)や吸う息、
「タ=tha」には月(陰)や吐く息などを意味しますので、
ハタヨガとは陽(太陽・吸う息)と
陰(月・吐く息)のように対になったものを
統合するヨガの流派といわれます。

 

ハタヨガを体系化したスヴァートマーラーマによると、
ハタヨガは「より高いレベルのラージャヨガ
(王のヨーガ・アシュターンガヨガともいい、
最終的に解脱を達成することを目指すヨガ)
の瞑想に至るための準備段階であり、
体を鍛錬し浄化する段階のヨガである」と解説しています。
ハタヨガでは、アーサナやプラーナヤーマこそが
心身を動かす原動力であるとの考えの下に、
心身の清浄を目指すのです。
このハタヨガの考え方を受け継ぎながら
アイアンガーヨガ、アシュタンガヨガ、インテグラルヨガ、
パワーヨガ、ホットヨガ(ビクラムヨガ)など、
現在も広く受け入れられているスタイルのヨガが誕生しました。