ヨガの服装

ヨガの服装

ネット上には、ヨガを習ってみようと考えている人からの
「どのような格好でヨガをすればいいの?」
という質問が、多数掲載されています。
ヨガ教室のインストラクターやアーサナなどの写真で、
ピッタリしたキャミソールやスパッツのような服装をみるケースが多いことから、
どのような服装で取り組めばいいのか悩む人が多いのでしょう。

 

しかし、この質問への回答は簡単です。
基本的には、Tシャツやジャージなど運動のできる自分が好きな服装で問題ありません。
経験を重ねるなかで、
必要があればヨガ用に開発された服装を身に着けることを考えればいいのです。
とは言いながら、
次のような条件を満たすウエアを身につけることが好ましいと言えます。

 

一つは「伸縮性がありゆったりしている服装」です。
ヨガでは動きやすさが求められますから、
伸縮性のない服装ではヨガのアーサナがうまくとれません。
また、肌と服の摩擦も多くなることから、ストレスにつながっていきます。

 

二つ目は「吸湿性があり汗を吸う服装」です。
スポーツをする時に汗を吸収しない服を着ないように、
吸湿性のない素材を使ったウエアは肌呼吸を遮断してしまいます。
汗を吸収しない服を着てヨガをやることなど、
気持ちが悪くてとてもがまんできるものではありません。
なお、ネット上には経験者から
「ブラジャーが外れやすいので、ホックのないスポーツブラがおすすめ」
「ストレートタイプのジャージは寝転んで足を上げると太ももまで落ちてくるので、
裾がしぼってあるタイプのジャージが良い」
「空調の効いた施設内では足元が冷えやすいので、
レッグウォーマーが重宝する」
「仰向けに寝転がることがあるので、
髪を結ぶ人は結び目を真後ろより横にずらすと快適」
といったアドバイスが掲載されていましたので紹介しておきます。