「ヨガ」に関連して知っておきたいこと

ヨガとピラティスの違い

近年、美容やダイエット効果を求める人のなかには、
ヨガではなくピラティスを選択する人も多いようです。
ところがヨガとピラティスの違いについては、
一般的にはそれほど知られていないというのが現実です。
このサイトでは、ヨガとピラティスを比較しながら理解を深めていきます。

 

一つ目の違いは「起源」です。
ヨガは古代インドで誕生したおよそ3000年の歴史をもつ修行法であり、
いわば宗教的修行の一つとして行われていた心身の鍛錬法です。
一方ピラティスは、1920年代に従軍看護師であったジョセフ・ピラティスが、
第一次世界大戦の負傷軍人のリハビリテーション用に開発したエクササイズです。

 

二つ目の違いは「呼吸法」です。
ヨガはさまざまな呼吸法で行われますが、
「腹式呼吸」を基本としています。
腹式呼吸は肋骨やその周辺の骨格をなるべく動かさないで、
腹筋などを使って横隔膜を上下に動かすことで行う呼吸です。
また、吸息も吐息も鼻で行います。
しかしピラティスは「胸式呼吸」で行います。
胸式呼吸は、胸郭の肋間筋によって行われる呼吸です。

 

三つ目の違いは「動作」です。
ヨガには目指す効果・効能によって
アーサナとかポーズと呼ぶ「体位」が数多くあり、
その体位で静止します。
ところがピラティスは、
静止することなく常に体を動かしています。
しかし、もともとはリハビリのために開発されたプログラムであることから、
動きや負荷は比較的小さいものです。

 

ヨガとピラティスには以上のような違いがありますが、
両方実践したい方は
「起床時にはピラティスを、寝る前にはヨガを行う」のが、
呼吸法の違いによる神経系の働きに合った方法だと言われています。

 

渋谷で評判のヨガスタジオはこちらです

ヨガとストレッチの違い

あなたは、アスリートや体を柔らかくしたい人が行っている
ストレッチとヨガとの違いを知っていますか?
確かに見た目はあまり変わらないようですが、
実は、ストレッチとヨガには次のような違いがあるのです。

 

もっとも大きな違いは、「目的」の違いと言えるでしょう。

 

ストレッチ(stretch)とは「伸ばす」という意味の英語で筋肉や筋膜、
腱や関節など体の各部位を伸ばす運動のことを指します。
伸ばすことで、「こり」をほぐしたり体の各部位を柔らかくしたりすることで
急激な動きに対応できるようにするのです。
例えば、肩がこった場合は肩のストレッチを行ったり、
アキレス腱を切らないようにアキレス腱のストレッチを行ったりなどします。
一言で表現すれば、あくまでも「運動」なのです。

 

それに対してヨガの場合は、
ストレッチと同様な効果を得られる要素もありますが、
最終的には心や人生観などへアプローチするためのもので、
一言で表現するのは難しいのですが「修行」と言えるものです。

 

ヨガとストレッチのもう一つの違いは、「呼吸法」です。

 

ストレッチにおいては、
筋肉の収縮を伴うときは「息を吐く」・
筋肉の伸長を伴うときは「息を吸う」という呼吸を重視しています。

 

一方ヨガにはプラーナヤーマと呼ばれる「呼吸法」が多数あり、
その呼吸法によって吸息(息を吸う)・止息(息を止める)・
吐息(息を吐く)の方法や時間(秒数)などが細かに定められています。
この呼吸法を行うことそのものが、ヨガを行うことの一つでもあるのです。

 

さらにもう一つの違いは、

 

ストレッチは体を動かすことで準備体操としての役割がありますが、
ヨガは体を動かさないで「瞑想」することで心身をリラックスした状態にします。

 

 

更新履歴